入院のご案内

医師の診断により入院が必要になった場合、担当者が入院の手続きやそれに関する相談などをうけたまわります。
病室のご希望をうかがいますが、希望に添えない場合はご了承願います。
ご不明な点など、担当者にご相談ください。

入院当日について

まずは受付にて手続きをしていただきます。

この時、保険証・各種公費負担医療受給者証を提出してください。

※住所、電話、保険証などの変更の際には、すみやかにお届けください。
すみやかにお届けください。

※保険証の提示がない場合は、自費扱いになりますので、ご注意ください。

手続きに必要なもの

当日、忘れずにお持ち下さい。

健康保険証

印 鑑

ご説明

外来診察室でご本人および家族の方に入院中の治療・療養等について説明します。
「入院に際してのお知らせ」をお受け取りください。

入院手続き

外来処置室で入院の手続きをしていただきます。
入院同意書にご記入・捺印していただきます。

「任意入院」→「任意入院同意書」
「医療保護入院」→家族の方に「入院同意書」

入院にあたって準備するもの

洗面用具

フェイスタオル3-5 枚、バスタオル3―5 枚、シャンプー・石鹸、歯ブラシ(義歯使用時は洗浄剤・保管用容器)

衣  類

普段着の上着・下着(3組以上)パジャマ類。(病棟では衣類ロッカーや衣装ケースを設置してあります。季節に応じた交換をお願いします。)

日 用 品

ティッシュ、割れないコップ、箸、箸箱、洗濯洗剤、電気カミソリ・充電器、爪切り、履物(すべりにくいスリッパ又は履きやすいズックなど)

※持ち物には必ず名前を記入してください。

※汚れ物(洗濯物)を入れる容器(蓋付き)の準備を願いします。

※オムツを必要とされる方:紙おむつ、おしりナップの準備をお願いします。
(病院の売店にて購入できます。料金は、掲示を参照してください。)

※入院セットをお申込み頂いた場合は、洗面用具・衣類などが不要となります。
詳しくはお問い合わせください。

お持込していただけない物

院内の安全を確保するため、病棟内への危険物持ち込みはお断りさせていただいております。

ライター、マッチなどの火気類、カッター、ナイフ、カミソリ、薬物、紐類、生もの食品

恐れ入りますが荷物を確認させていただきます。ご了承・協力お願いします。又、病状などにより看護師の判断により持込をお断りさせていただくことがありますのでご了承ください。

多額の現金、貴重品はお持ちにならないようにお願いします
病院内での貴重品などの紛失には責任を負いかねますのでご了承ください。

入院中の生活について

持ち物の管理

個人ロッカー(鍵付き)、衣装ケース、床頭台があります。
原則として個人での自己管理をお願いしております。
(認知症病棟はロッカー(鍵付き)にて管理します。)

※ロッカーキーの紛失の場合は、有償となります。

金銭管理

原則として個人での自己管理をお願いしております。
やむをえず日用品費をお預かりする場合は手続きが必要となります。
受付窓口又は病棟看護師にお問い合わせ下さい。金銭管理方法の変更の際には受付窓口へお申し出下さい。

病室(室料差額)について

室料差額がかかるお部屋もあります。
詳しくは、入院時にご説明させていただきます。

入院が決まったら

医師の診断により入院が必要になった場合、担当者が入院の手続きやそれに関する相談などをうけたまわります。病室のご希望をうかがいますが、希望に添えない場合はご了承願います。ご不明な点など、担当者にご相談ください。

Page TOP